その他

カードローンで借りたお金で投資をしてはいけない理由

銀行カードローンでも消費者金融カードローンでもカードローンであれば、事業性資金以外のお金の使いみちは自由になっています。

すなはち、カードローンで借りたお金でFXや株式投資などの投資の資金として利用しても法律上やカードローンの規約上は問題がありません。

 

しかし、カードローンで借りたお金で投資をすることはオススメできません。

それはカードローンで借りたお金で投資をしても勝てないことと最終的な救済処置が取れないことです。

カードローンは使用用途は基本的に自由

カードローンの規約などを見ればわかりますが、カードローンは無担保で無保証人のローン商品で、事業性資金以外に利用するのであれば、借りたお金をどのように使っても利用者の自由となっています。

極端なことを言えば、カードローンで借りたお金でギャンブルをするのもかまいませんし、FXや株式投資の資金として利用することも全く問題がありません。

カードローンは金利がかかる

カードローンで借りたお金を利用して投資してはいけない理由として、カードローンで借りたお金には安くない金利がかかることです。

カードローンで借りたお金は金利分の利息額をプラスして返済しなければならないのです。

 

そして、投資をしてカードローンの金利以上のリターンを得ることはほとんどありません。

もちろん、カードローンの金利以上のリターンを得ることもないではありませんが、それは全体数から見ればかなり少数であると言えます。

 

少しくらいのリターンでは金利を超えることはできません。

それに、カードローンのお金で投資をすることは金利のかかるお金で投資をしているということで投資判断を狂わせる可能性も高いからです。

 

昔から言うように、投資のお金は失っても生活などに影響の出ない余裕資金でやるものです。

カードローンで借りたお金でマイナスが出ると生活にも影響を及ぼす可能性が高いのです。

投資による自己破産は免責不許可事由になる

カードローンなどの借金がかさんでどうしようもなくなった時には、救済処置として債務整理を利用することができます。

債務整理の中でももっとも強力な手段として自己破産がありますが、自己破産をするためには裁判所の許可が必要となります。

しかし、投資やギャンブルが理由になっている場合には「免責不許可事由」ということで裁判所の自己破産の許可が降りないことがあるのです。

 

最終的な救済処置が受けられないようなことはすべきではありません。

 

在籍確認の電話なしでキャッシングする方法については以下の記事に詳しく書きましたので参考にして下さい↓

 

関連記事

  1. その他

    カードローンの途上与信の簡単な説明と上手く利用する方法

    途上与信という言葉は普段はあまり使われないので、知っている人は少ないこ…

  2. その他

    低金利のカードローンをお得に使う方法

    低金利で設定されているカードローンには、あまり知られていないお得な使い…

  3. 手続き

    カードローンの督促は3つの手段で行われる

    カードローンの約定返済日を過ぎても返済を行わなかった場合には、金融業者…

  4. 初めての利用

    大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時のポイント

    大手の消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われます。…

  5. 初めての利用

    カードローンを利用するのに不安がある時の業者の選び方

    ネットの発達とスマホの普及によってネットキャッシングをする事が出来る時…

  6. 手続き

    土日に即日キャッシングを行なう方法は限られている

    急に現金が必要になるタイミングは、平日ばかりとは限らず土日に突発的な支…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    カードローンで借りたお金で投資をしてはいけない理由
  2. 初めての利用

    キャッシングの申し込み時に必要な書類
  3. 手続き

    カードローンに保証人を設定するメリット
  4. その他

    おまとめローンのメリットとデメリットを見極めて活用しよう
  5. 初めての利用

    カードローンを利用するのに不安がある時の業者の選び方
PAGE TOP