その他

カードローンは毎月最低返済額の支払で良い

カードローンから借入した後、気になるのが毎月の返済です。

インターネット、ATM、口座からの自動引き落としなどカードローンでは様々な返済方法を用意しています。

都合の良い返済方法を選べるのが良い点です。

 

この時の返済額はカードローンによって異なります。

後で支払に困らないよう、事前に把握しておくことが大切です。

カードローンの返済方式

カードローンの返済額は返済方式によっても異なります。

住宅ローンに良く用いられているのが、元利均等返済元金均等返済です。

 

元利均等返済では元金に利息を加えた返済額が毎月ずっと変わらないという特徴があります。

幾ら返済に回せば良いのか分かりやすい返済方式です。

 

元金均等返済は毎月一定の元金に利息を加えて返済していくという特徴があります。

元金の返済が効率よく進むため、利息分の節約ができる返済方式となっています。

 

カードローンでも元利均等返済や元金均等返済を採用するものが見られますが、残高スライドリボルビング返済方式の方が一般的となっています。

この返済方式は借入残高に応じて毎月の返済額が変わっていくという特徴があります。

借入残高が多いほど毎月の返済額が上がり、借入残高が少ないほど毎月の返済額が下がります。

 

例えば借入残高10万円以下の場合は毎月4,000円、10万円超20万円以下は8,000円、20万円超30万円以下は11,000円といった仕組みになっています。

最低返済額の支払で良い

残高スライドリボルビング返済方式で決定する毎月の返済額は最低です。

最低以上なら幾ら返済に回しても良いのです。

余裕の無い時は最低返済額のまま、余裕のある時は追加返済を行うことが可能です。

 

カードローンの利息は金利だけでは決まりません。

返済期間を短縮することでも減らせるのです。

 

なるべく支払する利息は減らしたいという時は追加返済を積極的に行うのがおすすめです。

ボーナスを貰った時など、大きな収入が入った時は一括返済するチャンスです。

 

住宅ローンと違い、繰り上げ返済しても一括返済しても手数料は掛かりません。

追加借入しやすい

カードローンは最低返済額で済むため、追加借入も行いやすいというメリットがあります。

例えば借入残高10万円超20万円以下なら毎月8,000円というカードローンがあった場合、借入残高20万円以下までに抑えて追加借入すれば毎月の返済額8,000円より上がりません。

11万円借りている最中に8万円追加借入しても8,000円のまま変わらないため、返済が楽に続けられます。

 

ただし追加借入を繰り返し行うと延々と返済が続いてしまいます。

利息の支払も続いてしまうため、無計画な借入は止めた方が良いです。

 

カードローンのホームページには返済シミュレーションがあります。

無理なく返済出来るかどうか、事前に確かめてみて下さい。

 

在籍確認の電話なしでキャッシングする方法については以下の記事に詳しく書きましたので参考にして下さい↓

 

関連記事

  1. 手続き

    アルバイトでもカードローン審査に通るためのポイント

    カードローンは使用用途を限定している融資ではないので、急な出費や生活費…

  2. その他

    J.Score(ジェイスコア)の特徴と契約方法

    利用者が増えているジェイスコアに関する記事を書いていきます。記…

  3. その他

    カードローンで借りたお金で投資をしてはいけない理由

    銀行カードローンでも消費者金融カードローンでもカードローンであれば、事…

  4. 初めての利用

    大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時のポイント

    大手の消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 初めての利用

    カードローンを利用するのに不安がある時の業者の選び方
  2. その他

    カードローンの途上与信の簡単な説明と上手く利用する方法
  3. 初めての利用

    大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時のポイント
  4. その他

    おまとめローンのメリットとデメリットを見極めて活用しよう
  5. その他

    長期延滞するとどうなる?保証会社の存在に要注意
PAGE TOP