初めての利用

キャッシングの申し込み時に必要な書類

キャッシングの必要書類は、原則として身分証だけではあります。

ただしその書類の有効期限などは、注意が必要です。

状況によっては、別途で書類が必要な事もあるからです。

また金額によっては、身分証以外の書類が求められる事もあります。

公的な身分証は必要

キャッシングの必要書類としては、基本的には公的機関から発行された身元を証明できる書類です。

ですから保険証や免許証などは、本人確認書類として認められます。

 

その他にもパスポートやなども有効と見なされますが、年金手帳などはやや微妙な事もあります。

その辺りのルールは、金融業者によって異なる訳です。

有効期限には要注意

ところで上記の保険証や免許証などは、必ず有効期限が記載されているのです。

もちろんその期限までは、身分証として使用する事はできます。

 

ところが期限が切れてしまえば、その書類は無効扱いになってしまう訳です。

ですから、必ず期限内の書類を準備しておく必要があります。

現住所と異なる時は別途書類が必要

また身分証に記載されている住所も注意が必要です。

それが現住所と一致しているか否かという問題があります。

というのも人によっては、引越し手続きを行っているのです。

 

それで引越しで忙しい方々などは、現住所を記載する書類を準備するのが難しい事もあります。

つまり住所変更の手続きが間に合わずに、キャッシングの申し込みをする事もあるのです。

その場合は、別途で書類を提出すれば、申し込みが可能な事もあります。

 

例えば公共料金の明細書です。

明細書に対しては、必ず現住所が記載されています。

その他にも何らかの料金の明細書にも、同じく現在の住所はプリントされています。

 

それを上述の身分証に添付すれば、有効な書類と見なされる事もあります。

しかし2種類も書類を提出するのは、手間も大きくなってしまいます。

 

できる限り、現住所が記載された書類を準備しておく方が無難です。

金額によっては収入証明の提示が必要

それとキャッシングで借りる金額によっては、また別途で書類が必要な事もあります。

例えば消費者金融から50万以上で借りたい時です。

 

それくらいの大きな金額で借りたい時には、消費者金融に対して収入証明という書類を提出する必要があります。

いわゆる給与明細源泉徴収票などです。

ただし金融業者によっては、50万程度なら書類が不要になる事もあります。

 

いわゆる銀行などですと、たとえ50万程度の希望額でも、収入証明が不要な事も多いです。

ただし銀行でも、あまり金額が大きな時は収入証明は必要です。

 

在籍確認の電話なしでキャッシングする方法については以下の記事に詳しく書きましたので参考にして下さい↓

 

関連記事

  1. 手続き

    カードローンの督促は3つの手段で行われる

    カードローンの約定返済日を過ぎても返済を行わなかった場合には、金融業者…

  2. 初めての利用

    カードローンを利用するのに不安がある時の業者の選び方

    ネットの発達とスマホの普及によってネットキャッシングをする事が出来る時…

  3. 初めての利用

    大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時のポイント

    大手の消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われます。…

  4. 初めての利用

    即日キャッシングに申し込みする前に比較したい点

    即日キャッシングは、お金が必要な人にとって魅力的です。利用する…

  5. 手続き

    アルバイトでもカードローン審査に通るためのポイント

    カードローンは使用用途を限定している融資ではないので、急な出費や生活費…

  6. その他

    低金利のカードローンをお得に使う方法

    低金利で設定されているカードローンには、あまり知られていないお得な使い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    ファクタリングを利用するメリット
  2. 初めての利用

    大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時のポイント
  3. 初めての利用

    キャッシングの申し込み時に必要な書類
  4. その他

    カードローンで借りたお金で投資をしてはいけない理由
  5. その他

    低金利のカードローンをお得に使う方法
PAGE TOP