初めての利用

大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時のポイント

大手の消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われます。

審査では安定した収入を得ている、他社からの借り入れが3件以下、信用情報がしっかりしているなどの条件が満たしていると可決されやすくなると言われています。

 

また大手の消費者金融の審査では勤続年数をしっかり確認する傾向があります。

勤続年数はキャッシングをする時にあまり関係ないように感じてしまいますが、意外と重要視しているのです。

 

そこで大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時にどのような点がポイントになってくるのか見ていく事にしましょう。

勤続年数が3年以上だと審査が可決される可能性が高い

会社員は基本的に3年間勤めていれば長続きすると言われています。

それで大手の消費者金融の審査で勤続年数が3年以上になっている時は今後も仕事を続けるので安定した収入を継続的に得られると判断されます。

 

また正社員だけでなく派遣社員やアルバイトでも勤続年数が3年以上だとしっかり働いていると判断されるので審査が有利になり可決される可能性が高くなります。

勤続年数が3年以上で大手の消費者金融の利用条件に満たしている人は安心してキャッシングの申し込みをしましょう。

勤続年数が半年から1年だと審査に落ちる可能性がある

勤続年数が半年から1年の人は最低でも半年間仕事をしているという事なので今後も仕事を続けていく可能性はあります。

しかし業者側から見ると勤続年数が半年から1年だと仕事を辞めてしまう可能性があると判断される事もあります。

それで収入や他社からの借入状況などを総合じて判断していくと返済能力に疑問を持たれてしまい審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

また安定した収入を得ていて他社からの借り入れもない状態だと勤続年数が半年から1年でも審査が可決される可能性があります。

勤続年数が半年から1年の場合だと申し込みをして審査を受けてみないと分からないです。

勤続年数が半年以下だと審査に落ちる可能性が高い

勤続年数が半年以下だと今まで仕事を転々としている人と判断されてしまう事があります。

また現在勤めている会社もすぐ辞めてしまうのではないかと疑われてしまう事もあります。

安定した収入を得ていて他社からの借り入れもない状態でも勤続年数が半年以下だと審査に落ちる可能性が高いので勤続年数が半年以上になってから申し込みをした方が無難です。

 

大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時はこのように判断していくので利用する前に基礎知識としてしっかり覚えておきましょう。

 

在籍確認の電話なしでキャッシングする方法については以下の記事に詳しく書きましたので参考にして下さい↓

 

関連記事

  1. 手続き

    アルバイトでもカードローン審査に通るためのポイント

    カードローンは使用用途を限定している融資ではないので、急な出費や生活費…

  2. その他

    おまとめローンのメリットとデメリットを見極めて活用しよう

    おまとめローンとは複数の金融機関から借入れている複数の借金を一つにまと…

  3. その他

    カードローンの途上与信の簡単な説明と上手く利用する方法

    途上与信という言葉は普段はあまり使われないので、知っている人は少ないこ…

  4. 初めての利用

    即日振込カードローンのメリットと注意した方が良いこと

    即日振込カードローンで最も感じやすいメリットは、審査を終えた後にすぐに…

  5. 手続き

    カードローンに保証人を設定するメリット

    一般的にはカードローンの利用には保証人は不要と言われています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    カードローンの途上与信の簡単な説明と上手く利用する方法
  2. その他

    ファクタリングを利用するメリット
  3. その他

    J.Score(ジェイスコア)の特徴と契約方法
  4. 初めての利用

    キャッシングの申し込み時に必要な書類
  5. 初めての利用

    大手の消費者金融のキャッシングの審査で勤続年数を確認する時のポイント
PAGE TOP