その他

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングを利用してお金を借りる会社が増えています。

利用するのは主に個人事業主や中小企業などで、取引先が多ければ多いほど高額なお金を借りられるため、いざという時に助かると評判です。

まだ色々な良いメリットがあることを紹介していくので、記事を読んで勉強になったと思って下されば幸いです。

審査が通りやすい

カードローンとは違い自身ではなく、売掛債券の売掛先である取引先が審査対象になります。

そのため審査が開始されると、取引先のサイトから財務諸表や財政状態を調べるので、審査が簡単に通る場合がほとんどです。

大半の企業は有価証券、土地や建物など確固たる資産を持っているため、並大抵の事では傾くことはないからです。

 

日本の中小企業の中には有利子負債がない所も増えています。

この財務良好な企業が取引先の場合は、ファクタリングの際の審査は1時間も経たずに終わります。

決算が赤字でも借りられる

前期の決算が赤字だったとしても、継続的に取引している企業があるならお金を借りられます。

売掛債権を全て回収できれば、赤字が黒字になると金融機関が判断したからです。

 

審査は少し長引きますが、取引先の財務が安定していて会社の現金同等物が豊富なら問題ないです。

赤字だと担保や保証人が必要に見えますが、ファクタリングの場合は特に必要ありません。

 

金融機関に電話で連絡を入れるだけなので、この利便性の高さもメリットと言えます。

信用情報に掲載されない

銀行融資の際は信用情報に掲載されるので、今後もお金を借りようとする度に何らかの影響を受けます。

ファクタリングの方は掲載されることはないので、機会があれば何度でも使用できます。

それに会社の評判に影響を与えることがないので、利用しやすいです。

 

極端な例ですが、借りてお金を返した後にもう1度、というやり方も可能です。

その時は取引先の企業が豊富にある証と言えるので、金融機関が驚くかもしれません。

融資のうちに入らない

ファクタリングは融資ではないので、貸借対照表に借入金として記入しなくて済みます。

取引先から回収した売掛債権を譲渡すれば良い仕組みなので、短期間で支払いが終わるからです。

 

返済も取引先がしっかりとしているので、滞りなく進むことが多いです。

借入金はいつか支払わないといけないので、経営者にとっては頭から切り離せない部分です。

 

ファクタリングを選択すれば、借りたデータとして残らないので心理面で楽になります。

 

在籍確認の電話なしでキャッシングする方法については以下の記事に詳しく書きましたので参考にして下さい↓

 

関連記事

  1. その他

    おまとめローンのメリットとデメリットを見極めて活用しよう

    おまとめローンとは複数の金融機関から借入れている複数の借金を一つにまと…

  2. 手続き

    アルバイトでもカードローン審査に通るためのポイント

    カードローンは使用用途を限定している融資ではないので、急な出費や生活費…

  3. その他

    カードローンは毎月最低返済額の支払で良い

    カードローンから借入した後、気になるのが毎月の返済です。インタ…

  4. その他

    カードローンで借りたお金で投資をしてはいけない理由

    銀行カードローンでも消費者金融カードローンでもカードローンであれば、事…

  5. その他

    J.Score(ジェイスコア)の特徴と契約方法

    利用者が増えているジェイスコアに関する記事を書いていきます。記…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    カードローンで借りたお金で投資をしてはいけない理由
  2. その他

    クレジットカードによる支払い方法となるリボ払いの特徴
  3. その他

    ファクタリングを利用するメリット
  4. 手続き

    消費者金融のカードローンのサービスの取り立てを行う時の流れ
  5. 初めての利用

    カードローンを利用するのに不安がある時の業者の選び方
PAGE TOP