その他

クレジットカードによる支払い方法となるリボ払いの特徴

金利手数料が掛かるリボ払い

クレジットカードでの支払い方法の一つとなるリボ払いは、毎月の支払い料金に金利手数料が上乗せした金額分を支払う形になります。

なぜなら、リボ払いはお金を借りることになるので、クレジットカードの利用者に金利手数料が掛かる仕組みだからです。

 

また、クレジットカードで一括払いにすると、リボ払いと異なり利用者には金利手数料が全く掛かりませんが、3回以上の分割払いだと金利手数料が掛かります。

けれども、リボ払いの金利手数料は分割払いの金利手数料より高く、1年間借りた時の数字で表示されます。

 

そして、借りた期間に応じて日割り計算されるので、未払い残高の合計に掛かっていきます。

つまり、リボ払いを多く利用する人ほど残高が大きくなるので、それに伴って金利手数料も大きくなる傾向にあります。

 

ちなみに、リボルビング払いの略称となるリボ払いは、毎月決められた金額を返済する支払い方法になります。

月々の支払額が変化しないので、利用金額が高くなりやすいです。

なぜなら、リボ払いは返済額が変わらないので、リボ払いを利用するほど未払い残高が膨らむからです。

 

その上、支払う際には金利手数料も掛かるので、支払いが終わらないだけでなく未払い残高が増えるリスクが高いです。

リボ払いは、借りる金額が月々の支払額に収まる金額であれば、未払い残高が膨れ上がる心配がなくなります。

 

けれども、借りる金額が多くなるにつれて月々の支払いだけで支払うことができなくなると、金利手数料も大きくなります。

リボ払いの返済の仕組み

リボ払いは、毎月固定の金額を支払う形になるので、最低支払い金額が定められています。

支払う金額は自分で設定できますが、支払い方法に関しては自分で設定することが不可能なことが多いです。

そのため、支払い方法はクレジットカード会社によって決められる傾向が強いです。

 

また、リボ払いの返済の仕方は主に毎月最低返済額残高スライドが基本になります。

毎月の最低返済額は、最低でも5,000円以上に定められていることが多いですが、クレジットカード会社によっては変更できないこともあります。

 

ちなみに、自分に適したクレジットカードを利用したい場合は、毎月の最低返済額を簡単に変更できるクレジットカードを利用するのがお勧めとなります。

なぜなら、毎月最低返済額だけでなく残高スライドでの支払いに変更できることもあるからです。

 

また、残高スライドは未払い残高が一定より多くなる場合に、月々の支払い金額を自分で増やすことができます。

クレジットカードをリボ払いで利用する際は、毎月最低返済額より残高スライドでの返済がお勧めです。

なぜなら、残高スライドであれば毎月最低返済額よら金利手数料が膨れ上がるリスクを抑えることができるからです。

 

そのため、残高スライドでの返済は未払い残高によってリボ払いが長期間続くのを防ぎやすくなります。

 

在籍確認の電話なしでキャッシングする方法については以下の記事に詳しく書きましたので参考にして下さい↓

 

関連記事

  1. 初めての利用

    即日キャッシングに申し込みする前に比較したい点

    即日キャッシングは、お金が必要な人にとって魅力的です。利用する…

  2. その他

    カードローンは毎月最低返済額の支払で良い

    カードローンから借入した後、気になるのが毎月の返済です。インタ…

  3. その他

    おまとめローンのメリットとデメリットを見極めて活用しよう

    おまとめローンとは複数の金融機関から借入れている複数の借金を一つにまと…

  4. 初めての利用

    キャッシングの申し込み時に必要な書類

    キャッシングの必要書類は、原則として身分証だけではあります。た…

  5. その他

    J.Score(ジェイスコア)の特徴と契約方法

    利用者が増えているジェイスコアに関する記事を書いていきます。記…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 手続き

    カードローンの督促は3つの手段で行われる
  2. その他

    J.Score(ジェイスコア)の特徴と契約方法
  3. 手続き

    消費者金融のカードローンのサービスの取り立てを行う時の流れ
  4. その他

    おまとめローンのメリットとデメリットを見極めて活用しよう
  5. 初めての利用

    キャッシングの申し込み時に必要な書類
PAGE TOP